1. ホーム
  2. 注目記事
  3. ≫効果倍増?育毛剤の正しい使い方

効果倍増?育毛剤の正しい使い方

育毛剤の効果を引き出すための塗るタイミングとして、入浴後がベストです。頭を洗った後、日中の汚れや古い角質が洗い流され、毛穴がきれいな状態となり、毛根まで届きやすくなります。この状態で使うことで育毛剤の浸透率が高まります。また、塗るタイミングとして、ホルモン分泌の多い時間帯も考慮することも大切です。ホルモン分泌が多い時間帯というのが、夜の10時から翌朝2時までがピークと言われており、この時間帯に熟睡していることが、髪にとっては理想です。そのため、入浴する時間帯は、夜の8時ころで、夜9時には育毛剤を使うことが理想です。このタイミングが育毛剤の効果を倍増させることができるタイミングとなります。

ただし、育毛剤によっては、入浴前に塗布した方が効果があるというものもあるため、使用するタイミングについては、それぞれの育毛剤の説明書に書かれているタイミングで使うことが大切です。育毛剤の使用する順序も大切となります。順序や使い方を守ることで、ただ塗るだけでは、それほど効果は発揮されませんが、効果を毛母細胞までの浸透率を高めることができます。毛穴の奥深くまで有効成分をとどまらせることいより、効果を長時間持続させることも可能です。そのため、出来るだけ時間を長くとることが必要となります。使用する順序として、一番初めに行うことは、髪を洗う前に、櫛やブラシを使い、しっかりと髪をとくことが大切です。髪をとくこと自体にマッサージ効果があり、髪がほどけていることによって、シャンプーの効果を髪一本一本に行きわたらせ、さらには頭皮にまで浸透するため、より汚れを綺麗に落とすことができます。シャンプーをする前には、まず、お湯だけで一分間予備洗いをすることが大切です。予備洗いだけで汚れの大半は落とすことができます。

シャンプーをする際には、マッサージも同時に行うことでより効果的です。指の腹を前髪の生え際に寄せていきます、これを一度やったら寄せた状態で2秒停止して、それを10回繰り返すことで効果的です。予備洗いが終わったあとは、手でしっかりと泡立てて、頭皮を揉むようにシャンプーでしっかりと洗髪します。爪をたてたり、必要以上に力を加えて洗ってしまうと、逆効果となるため、優しく指の腹でマッサージをするように洗います。髪をとくことによって、汚れも落ちやすくなっており、十分にそれだけでも汚れはおちます。シャンプーはしっかりとシャンプーを残さないように洗い流すことも大切です。しっかりとすすがないと、頭皮の炎症に繋がってしまうため、時間にして1分半ほど洗い流すことが大切です。その後、育毛剤を付けます。育毛剤を付ける際には、髪の毛につけるよりも頭皮につけることを意識し、塗布することが大切です。育毛剤の種類によって異なります。良く乾かす必要がある育毛剤もあれば、タオルドライ程度でないと有効成分がしっかりと浸透しないものもあるため、個々の育毛剤の使い方の説明をしっかり読んで、説明書通りに使用することが大切です。頭皮は乾いている状態でおこなうことも大切です。頭皮が湿っていると水分によって育毛剤の効果が半減してしまうものがあります。しっかりと髪を乾かすために使用する順序は、まずタオルドライをして、ドライヤーを使う時間を短くすることが大切です。ドライヤーが使う時間が長いと、乾燥のしすぎや、火照りの原因となってしまうため、ドライヤーを使う時間はなるべく短くすることが大切です。また、タオルを使う際にも、乱暴に服と地肌や髪の毛をいためてしまう原因となってしまうため、優しく押し当てるように拭きます。ドライヤーは、温風にして乾かします。ドライヤーを当てるときには、頭皮をいためる原因ともなるため、近づけすぎないということに注意します。

最後には、しっかりとマッサージをすることが大切です。指の腹で優しくマッサージをする感覚で行います。ヘアスタイリング剤を使う方の場合、育毛剤とどちらを先に使うべきかというと、育毛剤の方を先に使用することが大切です。育毛剤の場合は、できるだけ、髪の毛や頭皮がきれいな状態で使用することが大切です。育毛剤を付ける量にも注意する必要があります。量が多ければ効果があるというわけではないため、多く塗布してしまうと、それによって毛穴をふさいでしまうことで、さらに薄毛を進行させてしまう結果になってしまいます。育毛剤を使用する際には使用する量については、育毛剤の説明書を参考にし、使用することがお勧めです。また、違う種類の育毛剤を多用することも、それぞれの成分の効能を抑制してしまうこともあるため、違う種類の育毛剤を多用するのは良くありません。育毛剤を使用する際には、効果が出るまでの期間が長いため、効果がなかったからといって、すぐに買い替えるのは良くありません。効果が現れるためには、少なくとも3か月は必要で、通常の人は6か月くらいかかります。

育毛剤を使用することについて、朝はNGというわけではありませんが、朝にお風呂に入ったり、頭を洗ったりすることは朝は頭皮や髪の毛にあまりよくないため、朝は育毛剤を塗布するだけにとどめておくことが大切です。また、育毛剤は種類によっては、配合されている成分によって臭いが発せられるものもあるため、そういったものを使用すると、周りの人に迷惑をかけてしまうため、気を付けることが大切です。

次に、頭皮マッサージの正しいやり方については、まず、こめかみ付近から耳の上にかけて両手で親指以外の指をあてて、耳を包み込むように後頭部において固定し、そのままの状態で、親指以外の4本の指で円を描くようにマッサージをします、次に、それから、指を少しだけ上にずらして、マッサージする場所を、変えていきます。マッサージのやりすぎは頭皮に負担をかけて逆効果となってしまうため、必要以上にやり過ぎたり、爪をたてたりして、頭皮を傷つけないようにします。シャンプーをした後は、髪を濡らしたままにすると、頭皮の雑菌が繁殖してしまいます。その雑菌によって、フケが発生したり、かゆみが出る場合があります。シャンプーをしてしっかりとすすいだあとは、ドライヤーで乾かすことも重要です。ドライヤーの使い方として、まず、温風で乾かすのは8割程度で、残りの2割は冷風を使います。途中で冷風にすることによって、頭皮を乾燥させてしまうことを防ぎます。頭皮が乾燥することによって、毛穴が閉じ、頭皮が硬くなることで、育毛剤の浸透がしにくくなってしまうため、頭皮は乾燥させないことが重要です。冷風には、頭皮のほてりが起こらないようにすることと、雑菌の繁殖や育毛成分の蒸発を防ぐことにつなげることができます。ドライヤーを使う際には、集中して温風を当てすぎないことが大切です。温風に当てられた部分が乾燥させてしまったり、痛んでしまったりしてしまいます。

育毛剤を使用する際には、出来る限り髪を短く整えておくことも大切です。育毛剤は、直接頭皮にしっかりと伝わることで、効果を発揮することができるので、髪が長くて正確な頭皮の状態が分からないという状態だと、育毛剤の効果は低下することになってしまいます。そのため、床屋などで常日頃から短くしておくことが必要となります。育毛剤の効果をより高めるためには、頭皮のマッサージが必要です。頭皮のマッサージをすることによって、頭皮の血行を良くすることができ、頭皮に酸素や栄養がいきわたりやすくなります。それにより、効果を高めることができます。また、育毛剤の効果を高めるためには、シャンプー選びも気を付けなければいけません。界面活性剤などが使用されているものは、泡立ちが良かったり香りが良かったりしますが、界面活性剤によって、余分な皮脂以外に必要な皮脂も取り除いてしまうため、それによって乾燥が引き起こされ、育毛剤を使っていても効果がうまく発揮することができません。なので、アミノ酸系シャンプーや、自然由来のシャンプーなどを使うことがお勧めです。

また、育毛剤の効果を高めるためには、食事も大切になってきます。コンビニやファーストフードなどが多いと、髪の毛に必要な栄養素で、たんぱく質やビタミンB群、ビタミンCなどが必要となります。また、生活習慣を整えることも大切です。規則正しい生活を送ることと、血行を良くするために、適度な運動やマッサージを取り入れるなども効果的です。またタバコを吸っているかたも、タバコの成分が血管を収縮させてしまい、薄毛の原因となる活性酸素を体内に発生させてしまう原因となるため、早めに禁煙をすることがお勧めです。さらに、育毛剤の効果を減らしてしまう要因として、毎日のケアが挙げられます。毎日のケアの中で刺激の強いシャンプーは頭皮に負担をかけてしまうため、育毛剤がしっかりと浸透しなくなってしまうことがあります。

育毛剤の効果を最も発揮することができるのは、夜なので、夜にお風呂に入る前に行うことがお勧めです。お風呂に入ったあとは、しっかりと育毛剤を付けてから、髪の毛が成長する夜の10時から翌朝2時の間に熟睡している必要があるため、お風呂に入ったあとは早めに育毛剤を付けることが必要となります。育毛剤の効果を発揮するために、シャンプーも界面活性剤などがつかわれていないものを選び、その後は良くすすいでよく乾かすことが大切です。乾かしてから使う育毛剤の場合には、タオルドライとドライヤーでしっかりと髪を乾かすことが大切です。育毛剤を使っていても、しっかりと栄養は大切なため、コンビニ弁当などで済ますのではなく、バランスよく栄養をとることが育毛剤の効果を発揮させるためには必要です。育毛剤の効果をしっかりと発揮するためには、育毛剤の使用方法以外にも、規則正しい生活をしたり、タバコを吸わないようにするなどの様々な方法があるため、育毛剤の効果を発揮させるためにぜひやってほしい方法です。