1. ホーム
  2. 育毛剤の基礎知識
  3. ≫医薬品と医薬部外品の育毛剤の違いは?

医薬品と医薬部外品の育毛剤の違いは?

抜け毛が増えた、薄毛になってきたと感じた場合に重要になってくるのが、早めの対策や治療です。髪型で誤魔化す事が出来る間は、髪型を工夫して誤魔化しておけばよい、本格的な対策や治療を考えるのは、薄毛の悩みが深刻になってきてからでも良いと考える人も多いでしょう。ですが、薄毛の症状というのは、対策や治療をしない状態で放置していると、徐々に進行していく事になります。進行の仕方は、薄毛の状態によって異なり、生え際が大きく後退してしまう人もいれば、頭頂部の髪の毛がなくなっていく人、全体的にとても薄くなってしまう人もいます。こうした見て分かる程、進行した段階になってしまうと、毛根が死滅状態なってしまう毛穴が出て来る可能性があります。毛根が死滅してしまうと、その毛穴はどれだけ良い治療や対策を行っても、毛が再び生えてこない状態になってしまいます。それだけに、薄毛になってきたという自覚症状があるのであれば、早めの治療や対策が重要になってきます。最も良いのは、AGA治療を行っているクリニックに足を運び、薄毛の状態を特定し、その上で最適な治療を受けていく事です。ただ、クリニックに抵抗がある場合、育毛剤での対策も有効な方法のひとつとなります。育毛剤を使った治療を行う場合、医薬品か医薬部外品かをしっかりと確認しておく事が重要になってきます。

育毛剤と書かれていれば、使えばそれだけでしっかりとした効果を実感できるというイメージを持つ人も多いでしょう。ですが、医薬品か医薬部外品かによって、期待出来る効果の大きさが変わってくる事になります。医薬品とは、臨床試験を繰り返し、治療の効果がある事が厚生労働省によって認められているものです。その為、高い効果を期待する事が出来る事になりますが、医師や薬剤師の処方が必要となります。医薬部外品とは、症状を改善する為に有効な成分が贅沢に配合されたものですが、臨床試験を繰り返して効果を確認したものではありません。更に、厚生労働省が効果があると認めているものでもありません。厚生労働省が効果があると認めているものであれば、必ず効果があるか、認めていないものでは効果がないかといえばそうではありません。
ですから、どっちの育毛剤を選ぶべき?と考えた場合、それぞれのメリットとデメリットを考えて選んでいく事になります。医薬品というのは、より高い効果を期待する事が出来る事がメリットとなりますが、購入をする為には医師や薬剤師の処方を受ける必要がある、更に副作用の可能性があります。医師や薬剤師の処方といえば、クリニックでの検査が必要と考える人は少なくありませんが、医薬品として認められた育毛剤の中には、薬剤師がいるドラッグストアで購入可能になっているものもあります。
ですから、医薬品であっても手軽に購入し、ケアを始める事が出来るようになっています。それに対して、医薬部外品の場合、医薬品に比べて効果を実感できるまでの期間が長くなる可能性が高い事がデメリットとなりますが、ドラッグストアやネット通販で手軽に購入しやすい上、副作用の心配が殆どない事がメリットとなります。更に、医薬品のようにしっかりとした認可を受けていない為、販売されている育毛剤の成分は業者によって大きく異なり、効果が出るものもあれば、殆ど効果を期待できないものもある可能性もあります。ですから、医薬品にも医薬部外品にもメリットとデメリットがあります。現在、手軽に購入出来る育毛剤の多くは、医薬部外品です。育毛剤と書かれていれば、使えばすぐに髪の毛が生えてくると考えてしまう人は少なくありません。ですが、選んだ育毛剤が医薬部外品の場合、効果が出るまで時間がかかってしまう可能性が高くなります。ただ、医薬品であれば、使い始めてすぐに劇的に髪の毛が増えるかといえばそうではありません。それは髪の毛というのは1ヶ月で1cm程度しか成長しないものの為です。
その為、しっかりとした効果を実感するまで数ヶ月は必要になってしまう可能性があります。選んだ育毛剤が医薬品でも医薬部外品でも、使ってすぐに効果を実感できるという訳ではありません。

薄毛になってきたと感じているのであれば、少しでも早く出来る対策をしておかなければ、その症状が進行して、今後、良い髪の毛を取り戻せない状態になってしまう可能性があります。その対策には、育毛剤を使う方法が有効ですが、ただ育毛剤を使えば良いと考えるのではなく、購入したいと考えている育毛剤が医薬品か医薬部外品か等、確認出来る事はしっかりと確認しておく事がおすすめです。医薬部外品であれば効果が出ないという訳ではありませんが、より高い効果を期待したいと考えるのであれば医薬品を、医薬部外品を選ぶ場合は、本当に良い成分が配合されているか等、詳細をしっかりと確認した上で、育毛剤を選び、ケアをしていく事がおすすめです。

育毛剤を使って薄毛対策をしたいと考えた場合に、気になる事といえばその価格でしょう。価格が高いものを選んでおけば、それだけ高い効果を期待できると考える人もいれば、少しでも安いものを選んでおきたいという人も少なくありません。育毛剤の価格と効果は必ずしも比例をするという訳ではない為、少しでも良い効果を期待するのであれば、価格だけで育毛剤を選ばないという事が重要になってきます。ただ、一時的に使うものではなく、使い続けていく事も重要になってくる為、使いやすい価格帯の育毛剤を選んでおく事が重要になります。医薬品と医薬部外品がある育毛剤ですが、その価格の差は?といえば、必ずしも医薬品が高く、医薬部外品が安いとは限りません。厚生労働省許可となっていれば、それだけ良い成分が贅沢に配合されており、価格も高いというイメージを持つ人は多いでしょう。ですが、厚生労働省許可の意味は?といえば、臨床試験によりその効果が認められたものという意味です。その為、高価な成分を贅沢に配合しているというよりも、試験で効果が出た成分がしっかりと配合されているという事になります。

それに対して、医薬部外品には良い成分が殆ど含まれていないかといえばそうではありません。育毛や発毛に効果があると考えられる様々な成分が贅沢に配合された医薬部外品の育毛剤というのも多く存在します。その配合している成分によっては、値段が高くなってしまうという可能性もあります。更に、医薬部外品の場合、販売の仕方によって価格が大きく変わってしまう事も少なくありません。ドラッグストアで購入出来る育毛剤の場合、医薬品でも医薬部外品でも、成分や開発にかける費用の他に、流通や販売にかかる中間マージンも発生する事になります。その為、販売価格が高くても、コストの問題で使われている成分は少なめになっているという事も珍しくありません。もしくは、良い成分を配合して販売をする為に、とても高額になってしまっているという可能性もあります。それに対して、中間マージンが殆ど必要のない販売の仕方が、ネット通販限定での販売です。ネット通販の場合、流通や店舗での販売でかかる人件費等、様々な費用がかからない状態で販売をする事が出来ます。ですから、成分等の原価にかける事が出来る割合が大きくなります。その為、同じ価格帯の医薬部外品の育毛剤であっても、店頭販売されているものと、ネット通販限定で販売されているものでは、使われている成分量等が異なる可能性が高くなります。高い効果を期待するのであれば、含まれている成分は少しでも多い方が、より良い効果を期待出来る事になります。それを考えると、医薬部外品を購入するのであれば、ネット通販の利用も考えておく事がおすすめです。

ネット通販の場合、どこで買えるの?と考える人も多いでしょう。ネット通販の販売ルートは育毛剤によって異なり、大手のネット通販サイトでも販売されているものもあれば、公式サイトのみで販売されているものもあります。大手のネット通販サイトで購入できる場合、そのサイトでのポイントが使える、ポイントが貯まる等のメリットがあります。ですが、より安く購入をしたい、よりお得に購入したいと考えた場合に有効なのが、公式サイトの利用です。公式サイトは定価のみの販売で、大手ネット通販サイトの方が安いというイメージを持つ人は少なくありませんが、公式サイトでは定期購入等を利用する事で、通常よりもお得に購入可能となっている事があります。更に、公式サイトでは全額返金保証がついている事も多く、安心して購入が出来るようになっている事も多くあります。定期購入までは必要ないと考える人もいるでしょう。ですが、育毛剤というのは、使い始めてすぐに効果が出るというものではありません。良い成分が贅沢に配合されていても、少なくとも半年程度は使わなければ効果を実感できないという事が多い為、1回だけの購入よりも、続けて購入をしていく事が大切になります。その為には、通常よりもお得に購入出来る定期購入というのは有効な方法となります。

薄毛対策をする為に有効な育毛剤というのは、必ずしも価格と効果が比例するものではありません。ですから、選ぶ時には、ただ価格だけを見て選ばない事が重要になってきます。そしてもう一つ、使い続けていくという事を最初からしっかりと意識しておく事が大切です。とても良い成分が贅沢に配合されている育毛剤であっても、すぐに効果が出るものではなく、数ヶ月以上使い続けていく事が重要になってきます。毎月使い続けていく為には、無理なく購入できる価格帯であるという事も重要になってきます。
それを考えると、毎月、通常よりもお得な価格で購入可能になっている定期購入の利用を考えておくという方法が有効です。それにより、無理なく使い続ける事が可能になり、しっかりと効果を実感出来る可能性が高くなります。