1. ホーム
  2. 薄毛に関する情報
  3. ≫男性の薄毛の種類とその原因。育毛剤が有効なのはどれ?

男性の薄毛の種類とその原因。育毛剤が有効なのはどれ?

多くの男性にとって薄毛とは非常に厄介なもので外見的にも大きな変容をもたらしますし、精神的にも自分に自信が持てなくなったり、相手に対して引っ込み思案な性格に陥ってしまうなど様々な影響をもたらすことになりかねません。とりわけ毎日、鏡の前に立って自分の姿を見つめるたびにストレスは募り、ますます精神性の抜け毛を悪化させてしまうケースも少なくないほどです。これらの薄毛症状が発症すると、それが自分の運命なのだと言わんばかりにすぐに諦めてしまったり、日々の忙しい暮らしの中で効果的なケアを行えずに過ごしてしまう人も少なくありません。しかしそれは間違った考え方であり、事実と異なります。現実的に薄毛というものはそれぞれの症状に対して適切な処置を講じることで大いに改善の見込みが残されているものであり、症状を改善するための第一歩としてもまずは自らの薄毛の原因をしっかりと特定し、それが薄毛へと繋がっていくメカニズムを理解した上で対策を講じることがベストといえるでしょう。その意味でも多くの人々が苛まれる薄毛の原因として挙げられるものの中にはAGA(男性型脱毛症)円形脱毛症と言った病気が存在しています。これらは一体どのようなメカニズムで発症するものなのでしょうか?そしてもしもこれらの症状に瀕したとき、薄毛解消に効果的とされる育毛剤を活用することで効果を得ることは可能なのでしょうか?

まず、AGA(男性型脱毛症)は近年、薄毛をもたらす大きな原因として注目を集める病気です。この発症のメカニズムは少々込み入っており、まずAGAそのものは親から受け継いだ遺伝子などに含まれる情報が原因とも言われています。特に母方の遺伝子にこれらの情報が含まれ、男性ホルモンとの融合によって引き起こされるために母親の頭髪においては薄毛は発症しないものの、しかしこの遺伝子が男性に受け継がれると成人を過ぎたあたりから徐々に抜け毛や薄毛となって発症してしまうのです。そのため、母方の男兄弟や祖父などに薄毛の人が多いと発症のリスクが高まることも指摘されています。これらの遺伝子の影響によってAGAの影響がもたらされると、まず精巣にて作り出されるテストステロンと言う男性ホルモンが全身を巡る中で頭皮の5αリダクターゼという特殊な酵素と出会い反応を引き起こしDHTという物質を作りだします。このDHTを頭髪の根元にある毛乳頭が持つ感知機能が察知すると途端に過剰な反応が引き起こされ、毛乳頭はこれまでのように毛細血管から栄養分を受け取ることを一切止めてしまいます。こうして毛母細胞の細胞分裂が鈍化することで頭髪の成長サイクルが大幅に乱れ、これまで健康的だったものが早急に抜け毛になって失われてしますのです。一方、円形脱毛症を引き起こす原因としては実に様々なものが考えられます。例えば自律神経や内分泌系に異常が見られた際に頭髪へと影響が及ぼされるケースもあるものですが、最近では自己免疫に疾患を及ぼすことによって引き起こされるという診察が一般的になりつつあります。これはウイルスや細菌、さらには頭皮への刺激などが相まってリンパ球がそれから身を守ろうと過剰に作用してしまうため、誤って頭髪の根元にある毛乳頭などを刺激し、破壊されてしまうのです。こうして弱体化した毛乳頭が頭髪を休止期の状態へと陥らせ、その部分の頭髪が抜け落ちてしまいます。これらAGAや円形脱毛を発症した場合、いずれも医学的な助けが必要となりますので、まずは医療機関を受診することが好ましいでしょう。その上で改めてその薄毛の原因となるものをしっかりと検査して把握した上で、適切な薄毛改善の処置に着手することが必要です。

医療機関ではこれらの症状に対して適切な治療を展開しています。例えばAGA(男性型脱毛症)であれば飲み薬と育毛剤を処方することで治療を続けていくことになるでしょう。飲み薬にはプロペシアという錠剤が用いられ、これを服用すると頭皮の5αリダクターゼの働きを抑制できるので男性ホルモンと相まってDHTを作り出す分量が減少し、AGAを引き起こすきっかけを無くすことが可能となるのです。さらに育毛剤にはミノキシジルという成分が含まれ使用すると頭皮の毛細血管を拡張させて、より多くの栄養分を毛乳頭へともたらすことが可能となります。また育毛剤には頭髪の成長に必要な栄養分なども含まれており、これを使うと頭髪の根元部分で補給できない栄養分を毛穴から浸透させることでもたらすのが可能となります。また円形脱毛症に関する医療機関での治療法としては、ステロイド系の注射を頭皮に打って、症状を引き起こす免疫の働きを抑制するという方法があります。また頭皮に薬を塗って頭皮に刺激を与えるやり方もありますが、皮膚が弱い人にとっては悪影響を与えるリスクもありますので、何れにしても医師の診療や細やかな相談によって適切な治療法を模索することが必要となります。この場合、育毛剤を使用したとしても原因となる免疫の異常を改善させることにはほとんど効果が見られないので、自ら勝手に使用することなく、これに関しても医師に相談することが必要といえるでしょう。

その人に薄毛をもたらす原因にはその他にも数多くの事柄が想定されるでしょう。例えば日々の暮らしの中でも人は様々な刺激を受けながら過ごしており、何気ないことでも実は頭髪に悪影響をもたらしていることが少なくありません。また人の成長途上において体内環境が大きく変容して、その変化から薄毛を発動してしまうケースもあります。これらはいずれもAGAや円形脱毛症のような病気ではなく、むしろ日々のちょっとした習慣や連続性が蓄積されることが原因となるので、まずは自分の生活を省みた上で問題点をピックアップしていくことが重要となります。例えば代表的なものを挙げるならば、それはストレスによる薄毛や生活習慣による薄毛、さらには更年期症状による薄毛などがあるでしょう。これらの症状はどのようなメカニズムで引き起こされるものなのでしょうか?そしてこれらの症状において育毛剤を利用することはどれほど効果があるのでしょうか?具体的に見ていくことにしましょう。

まず大きな原因として挙げられるのがストレスによる薄毛ですが、これは精神的に思い詰めた人が頭皮に発症させるケースが多く、その他にも仕事や人間関係で過剰な圧迫感を感じることによってもたらされます。多くの場合、ストレスの増大なホルモンバランスの変化をもたらし、これが頭皮への皮脂の過剰分泌をもたらして毛穴詰まりを引き起こしたり、あるいは頭皮の血行悪化をもたらして栄養分の供給を妨げるようになります。こうしてストレスによる薄毛が発症するのです。次に生活習慣による薄毛ですが、一言で生活習慣と言っても実に様々なものが挙げられるのは言うまでもありません。例えば過度な疲労や睡眠不足、食生活の偏り、アルコールやニコチンなどの過剰摂取、さらには頭皮を不衛生な状態で放置して、皮脂やフケやゴミなどが毛穴を詰まらせるといったことでも薄毛は引き起こされます。これらも血行悪化や体内のホルモンバランスが変化をきたして薄毛へと繋がっていくケースがほとんどで、また頭皮の毛穴詰まりに関しては、頭髪の成長する部分に蓋がされた状態となるため成長が阻害されてしまうのは当然。これに加えて血行悪化や、あるいは毛穴から外気の酸素を摂取することができなくなり頭髪の細胞分裂を鈍化させることも薄毛に繋がってしまいます。そして更年期症状による薄毛は加齢によって男性ホルモンが減少してしまうことによって引き起こされます。50歳から60歳くらいになるとこの症状に陥りやすく、頭髪の生え変わりが鈍化してしまい次第に抜け毛が広がって薄毛が拡大していってしまうのです。またこの時、AGAでもよく取りざたされるDHTなどが関わってくることでより複雑な薄毛を引き起こしてしまうケースも少なくありません。これらの様々な薄毛の原因が存在しますが、まずは自らの症状がどれに該当するのかをきちんと把握して、それに見合った改善方法を模索するのが一番です。その上で薄毛治療専門クリニックなどを受診して医師の問診などを通じて原因を特定する方法もありますが、まずは自分自身で生活を省みることによって対策を講じてみることが必要でしょう。

それでは対策方法としてはどのようなものが挙げられるでしょうか。まずストレスによる薄毛に陥った場合には、そのストレスを取り除くことが最善の手段です。仕事や人間関係を調整するなどして状況を改善できるのであればベストですが、そうでなければスポーツや気分転換などで工夫することでストレスそのものを解消することも効果的です。またきちんと睡眠を摂取することにはストレスや疲れを軽減させる効果があるので、決して睡眠不足に陥ることのないような配慮も必要です。こういった対策を講じた上で、もしも頭髪の栄養不足や血行悪化などが介在している場合には育毛剤の活用が効果的に働くこともあります。そして生活習慣による薄毛の場合には、まず過労や睡眠不足といった点でいうときちんと休息をとって、なおかつ睡眠をしっかりと補給することが不可欠となります。とりわけ頭髪は睡眠中に大いに成長しますので、この時間が確保できなければ頭髪が健康を取り戻すこともありません。さらに食生活の偏りを是正すべく脂分は頭皮の皮脂分泌をもたらすので控え、またアルコールやニコチンの過剰摂取は頭皮血行の悪化をもたらすのでこれもほどほどにすることが望ましいでしょう。こういった配慮を行った上で、また頭皮環境が不衛生な場合にはスカルプシャンプーなどで汚れを除去することも効果的です。その上で育毛剤を使用すると血行改善や不足した栄養分の補充などによってカバーすることができて頭髪の成長を大いに助けてくれることでしょう。最後に更年期症状による薄毛は医学療法などで男性ホルモンを注入するやり方もありますが、まずは睡眠をしっかり取り、ストレスを減らすこと、過度にならない程度での運動を続けること、さらには納豆や山芋などのネバネバ系のものを務めて摂取するなどの心がけて改善できる場合もあります。この場合には育毛剤の使用では更年期書状を改善することはできませんので、あくまで体の内部の環境を改善できるような対策が必要となるでしょう。