1. ホーム
  2. 育毛剤の基礎知識
  3. ≫育毛剤に含まれる代表的な成分は?

育毛剤に含まれる代表的な成分は?

薄毛は男性だけでなく女性でも悩まされる可能性があります。男性の薄毛と女性の薄毛の原因は異なる部分もありますが、重なる部分もあります。それぞれどのようなことが原因で薄毛が起こってくるのでしょうか。そして薄毛を改善するためにどのような成分の入った育毛剤を使えばよいのでしょうか。また市販されている育毛剤はたくさんありますが、育毛剤に含まれる代表的な成分とはどのようなものでしょうか。まず男性の場合は男性ホルモンが原因の男性型脱毛症である場合が多く、テストステロンという男性ホルモンが前頭部や頭頂部に存在する5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンという悪玉のホルモンに変化し、それが毛母細胞に入りこんで、発毛や育毛の働きを抑制してしまうことが大きな原因とされることが判明し、男性ホルモンの分泌量を調節したり5αリダクターゼの出現を抑えたりする「フィナステリド」という成分の治療薬が薄毛に効果的であることが分かりました。しかし「フィナステリド」は副作用も否めない医療用医薬品なので医師の処方によってしか入手することができません。また頭皮の血流をよくして毛母細胞に栄養をいきわたらせることも大切で、そのための治療役として「ミノキシジル」の外用薬が使われていますが、ミノキシジルも市販では特定の育毛剤を除いて販売されていなくて医師の診断を受けて処方してもらうことになります。フィナステリドの内服薬とミノキシジルの外用薬の2つの成分は日本皮膚科学会の薄毛治療のガイドラインで推奨度A年て認証されている成分です。日本皮膚科学会のガイドラインでは育毛剤にも使われていて薄毛に効果があるとされる多くの成分に対して、効果や副作用などを臨床実験のデータに基づいて作成しています。この二つの成分が他の成分と比べて薄毛に有効とされていますが、j副作用の実例も認められたため医師の処方での取り扱い成分とされていて一部を除いて市販の育毛剤では使われていないのです。

そして女性の薄毛も女性ホルモンが関係する場合が多いのですが、男性の場合に男性ホルモンが多く分泌されると薄毛になるということとは逆で、女性の場合はエストロゲンという女性ホルモンが減ってくることが原因で起こります。女性は月経周期によって2種類のホルモンが交互に分泌されます。卵巣内で卵胞が成熟することをサポートするエストロゲンと排卵した卵子が子宮の中で受精してその受精卵を守ることをサポートする「プロゲステロン」というホルモンがあるのですが、そのうちのエストロゲンは体の調子を整えたり、肌や髪の毛の状態を良い状態で維持する働きがあります。しかし出産後や閉経期、またはストレスなど何らかの事情でエストロゲンの分泌が低下すると、紙や肌を良い状態に保てなくなり、発毛や育毛に支障が出て薄毛になってくるというものです。男性型脱毛症が5αリダクターゼが多く存在する前頭部や頭頂部に多いことと違い、女性の場合は髪の毛全体が細く、薄くなってくることも特徴です。しかし男性も女性もホルモンの影響だけでなく、頭皮の環境が悪いことも大きな原因となります。頭皮にまで血液が充分いきわたらないため毛母細胞に栄養が不足していたり、頭皮に炎症が起きたり皮脂が溜まりすぎたりして毛穴がふさがってしまうことも一因あります。そのような頭皮環境が良くないから薄毛になるということは男性でも女性でも共通して言えることです。
そこで薄毛対策としては、ホルモンの調節と頭皮環境の改善が必要になります。しかしホルモンの調節に関する治療薬は医師の診断を受けて処方をしてもらうということになるので、市販されている育毛剤については頭皮環境を整えるための成分や、薬ではないのですが、ホルモンと同じような働きのある天然植物由来の成分を配合したものが開発、販売されています。頭皮環境を整える成分は、育毛剤には不可欠で、その中で分類しても、血行を促進する成分、毛母細胞を活性化させる成分、頭皮の脂を取り除く成分などがあります。血行をよくすることで血液を頭皮にまで十分行きわたらせて発毛や育毛に必要な成分を毛母細胞に届け、その栄養分が十分に届いた毛母細胞は元気になって発毛や育毛をまた再開するということになります。しかしせっかく毛母細胞が元気になって発毛をしたとしても毛穴が詰まってしまっていては毛が成長しないため頭皮の過剰な脂を取り除く成分も必要だということです。育毛剤によっては、血行を良くし、毛母細胞を活性化し、頭皮の脂を取り除くという3つの目的をすべて果たすことができる成分が配合されているものもあれば、血行をよくすることに特化したもの、毛母細胞の働きを活発にすることに特化たもの、頭皮の脂を取り除くことに特化したものなど色々なタイプの育毛剤があり、それぞれの目的に合った成分を配合しています。それに加えて女性用ならエストロゲンとよく似た作用がある植物由来の成分を配合している育毛剤もあります。そこで血行を促進する成分は、どのようなものがあるのか、毛母細胞を活性化させる成分は、どのようなものがあるのか。また頭皮の脂を取り除く成分は、どのような成分があるのか、頭皮に栄養を与える成分は、どんな成分なのかを挙げてみましょう。

頭皮の血行がよくなると毛母細胞にも栄養が届いて活性化してくるのですが、それらを目的とした成分としては、セファランチンや、センブリエキス、亜鉛、塩化カルプロニウム、チクセツニンジンなどがあります。セファランチンは円形脱毛症の治療薬として皮膚科でも称される成分ですが、ツツラフジ科の植物から抽出された天然由来の有機化合物です。円形脱毛症は自己免疫疾患のひとつで、ウイルスを除去するリンパ球が、髪の毛にとっては毛包を攻撃され発毛、育毛の働きを抑えこむ敵となってしまうのです。セラファンチンはリンパ球の異常な発生を抑えて血行をよくする働きがある成分です。センブリエキスは昔から漢方薬として使われてきたリンドウ科のセンブリという植物のエキスで、苦み成分が胃を刺激してその刺激が脳に伝わり、脳から末端の神経へと伝わり毛細血管の拡張に効果があるといわれる成分です。その成分によって頭皮の血行もよくなるので育毛剤に使われているのです。亜鉛は体内の代謝に不可欠なミネラルで、蛋白質の合成を促進したりホルモンの分泌をサポートする働きがあります。髪の毛はたんぱく質でできているので、亜鉛を育毛剤に配合しています。また亜鉛には細胞分裂を促進する働きもあるので毛母細胞に働きかけて分裂を活性化するという作用もあります。塩化カルプロニウムも頭皮に塗ることで頭皮の血行を良くし毛母細胞を活性化して育毛を促すといいう働きがあるといわれています。ミノキシジルと同じような作用ですが、ミノキシジルは血管自体を増やすたんぱく質を増やして血流をよくするもので、塩化カルプロニウムは血管を広げて血行をよくする働きがあります。塩化カルプロニウムは日本皮膚科学会の薄毛治療のガイドラインで推奨度はC!という評価なのでミノキシジルよりも効果は低いですが、その分副作用の可能性も少ないため市販の育毛剤には使用されているのです。チクセツニンジンは古くから滋養強壮、胃腸薬、解熱剤などに利用され、朝鮮人参と同じように薬用の人参です。頭皮に付けることで毛母細胞に栄養を与え毛母細胞を元気にさせる働きがあるので育毛剤にも配合されています。

頭皮の脂や汚れを取り除くための成分としては、イオウ、カシュウ、グリチルリチン酸ジカリウムなどがあります。イオウは温泉によく含まれている成分ですが、イオウには角質を溶解する作用があり、毛穴に詰まった皮脂や汚れも取り去ってくれる働きがあります。あたイオウはたんぱく質やアミノ酸を構成する要素なので、蛋白質でできている髪の毛を作るために必要な成分です。カシュウはタデ科ツルどくだみの根から抽出されるエキスで、滋養強壮、冷え性の改善、便秘解消、コレステロールの低下などが期待できる成分ですが、頭皮の余分な皮脂を抑えて毛穴のつまりを取り除く働きも期待されます。グリチルリチン酸ジカリウムはマメ科の甘草から抽出された成分で、優れた抗炎症作用や抗アレルギー作用があることで知られています。頭皮に脂が多いと皮膚に常在する菌の栄養源となり菌が増殖して脂漏性皮膚炎を起こしてしまいます。また頭皮が乾燥肌でも、皮脂の不足で皮膚のバリア機能が低下し菌やシャンプー剤の影響で乾燥性湿疹などの炎症が起こりやすくなります。脂漏性皮膚炎でも乾燥性湿疹でもかゆみが生じて頭皮をかきむしってしまいふけがたくさん出ることになります。皮脂の分泌が多い脂漏性皮膚炎なら過剰な皮脂とふけが毛穴を詰まらせ、乾燥性湿疹でも拭けがたくさん出たり、掻きむしることで頭皮を傷めてしまうため抜け毛の原因となってしまうのです。女性の場合は特にシャンプーのし過ぎで必要な皮脂まで失う乾燥性湿疹になったり、カラーやパーマなどを繰り返すことによってそれらの薬剤による皮膚炎が多く見られます。グリチルリチン酸ジカリウムには高い殺菌作用もあるため、頭皮に乾燥や炎症が起こりやすい女性の育毛剤にはグリチルリチン酸ジカリウムが良く配合されています。

男性と女性では薄毛の原因が異なるとはいえ、頭皮にまで血液が行き届かないことや、頭皮に何らかのトラブルがあってけが抜けてしまうということに関しては同じです。そのため頭皮環境を整えるための成分が育毛剤には配合されているのです。そして女性に多い頭皮の乾燥を防ぐためにも保湿効果のある成分は、大切な成分で化粧品と同じような保湿成分も女性用の育毛剤にはよく用いられています。育毛剤に大切なこととして頭皮環境を整えるためには、余計な成分は入れないということも大切です。着色料や香料、保存料などの化学薬品は頭皮を却って傷めてしまうので、育毛効果を実感するためには使い続けることが大切な育毛剤のような商品にはあまり人工的な添加物が入っていないものをできるだけ選ぶことが大切です。特に敏感肌の人にとって、せっかく天然の植物由来の有効成分が入っていても、添加物で頭皮環境がよくならないという可能性もあるので、できるだけ無添加のものを選ぶ方が良いでしょう。