1. ホーム
  2. 育毛剤の基礎知識
  3. ≫育毛剤のメリット・デメリットとは

育毛剤のメリット・デメリットとは

育毛剤とは髪の毛を育てることが目的のもので、育毛を助けるヘアケアグッズです。販売しているメーカーや商品によって含まれている成分は違いますが、頭皮環境を整えて健康な髪が育つようにサポートします。中でも男性は20代後半から男性ホルモンの影響を受けて、様々なトラブルを引き起こすことがあります。歳を重ねると抜け毛や薄毛が気になるようになり、女性の場合はホルモンバランスが崩れてくる30代後半から髪にツヤやボリュームが無くなることがあります。男女問わずストレスや栄養不足、睡眠不足や間違ったヘアケアなどで頭皮に負担を掛けていることが多いので、薄毛に悩まされることがあります。髪の毛にも日頃から様々な負担がかかっていて、ある一定の年齢になると薄毛になっていたというケースもあります。育毛剤は薄毛や抜け毛が気になると利用することが多いですが、予防のためにも早めに使い始めるようにすることが大切です。育毛剤で期待すべき効果とは、新しく髪の毛が生えるというものでは無いです。栄養不足などで細くなっていたり、短くなっている髪の毛を減らしたり、太くて長い健康的な髪の成長をサポートして発毛を促進することです。目的はすぐに髪の毛を生やすことではなく、頭皮の環境を整えたりヘアサイクルを正常に戻して髪の毛に必要な栄養を毛根に届けることです。医薬品などの薬と比べると、あくまでも間接的に髪の成長をサポートしていきます。髪が生えて来るまでの期間があることから、本当に効果を実感することが出来るのは最低でも3ヶ月が必要です。

育毛剤から期待することが出来る効果は血流促進で、頭皮の血流を改善して髪の毛に栄養を与えます。血行が改善されると育毛を促進することが期待でき、薄毛や抜け毛の原因でもある男性ホルモンを抑制することが出来ます。同時に頭皮の環境も良くすることができ、皮脂の過剰な分泌や毛穴の詰まりを改善し効果を促進します。髪の毛の成長に必要な栄養素を運んでいるのは血液で、様々な原因によって頭皮の血行の状態が悪化することがあります。血行が滞るとその分だけ髪の毛の成長が止まり、抜け毛や薄毛が起こってしまうのです。育毛剤は血行の流れを改善することが出来るのでトラブルを改善するためには、頭皮の血行を促進する効果を期待することが出来る育毛剤を利用することです。血行の促進が出来る可能性がある育毛剤には、髪の毛の成長を促す栄養が含まれているものが多いです。特に男性の薄毛のほとんどは男性ホルモンによる影響が原因で、男性型脱毛だと推測されています。育毛剤に男性ホルモンの働き滞らせるような成分があれば、育毛効果を高められるのです。塗るタイプの育毛剤だけでなく、中には飲む育毛剤もあります。薄毛や抜け毛に悩む人に共通している原因には、頭皮の環境が悪いことが考えられます。頭皮の皮脂が過剰に分泌されて、毛穴が詰まってしまったり、頭皮が乾燥しすぎてしまうことがあります。また環境が悪化していると、薄毛や抜け毛が起こる場合があります。頭皮の皮脂の分泌を抑えたり、乾燥を防ぐことで育毛効果を上げることが出来るのです。育毛剤は様々な効果を与えることを目的としていることが多いので、頭皮の状態を確認してから選ぶことが大切です。

正しく使うためには頭皮を清潔な状態にして、有効成分がしっかり行き渡るようにします。シャンプーで頭皮を清潔にしてから使うようにして、正しく使うことが一番効果を実感することが出来る方法です。多くの有効成分は毛穴の中から浸透して、毛根に働きかけます。毛穴が開いていて清潔な状態なのはお風呂上がりなので、すぐに育毛剤を利用することがポイントです。お風呂上がりは毛穴が清潔な状態になっているだけでなく、身体全体が温まっています。身体が温まると頭皮の毛穴が開きやすくなっているので、より有効成分が浸透しやすくなります。また商品ごとに用法や用量が定められているので、必ず守るようにします。量が少ないと効果が実感しにくくなり、反対に量が多すぎると効果自体はそれほどは変わらないのに減ってしまうことがあります。人によっては量が多すぎると頭皮に炎症が起こってしまうなどトラブルになるので、注意が必要です。沢山の量を一度に使えば効果が現れるものではないので、用量をきちんと守ります。さらに効果を実感したいときには、頭皮マッサージも行います。頭皮全体に塗ったら、頭皮を柔らかくするようにマッサージします。一般的な量よりも抜け毛が気になる場合は、血行促進タイプの育毛剤を使います。使い続けたことで産毛のように髪の毛が細くなり始めたときには、毛母細胞を活性化させるものを選びます。頭頂部や生え際の薄毛を改善したいときには男性ホルモン抑制タイプを使い、頭皮の油分が多い場合は、皮脂分泌を抑制タイプを使います。髪への効果を期待するには半年前後の期間も必要になるので、効果を実感するためにも自分に合ったものを長く使い続けることが何よりも大切です。

髪の毛が薄くなったり、一時期よりも髪のボリュームが出なくなったと感じたときに考えるのが、育毛剤の使用です。育毛剤は男性のものというイメージもありますが、近年では開発のスピードや種類の幅が広がったことで女性向けの商品も沢山発売されています。発表されている育毛剤はおおまかに分類しても薄毛の進行を遅らせるものだけでなく、症状や頭皮の状態に合わせて様々な種類があります。今生えている毛を抜けにくくするタイプのものや、発毛を促すタイプがあります。生えている毛の成長を促すことが出来るなど、その種類は多岐に亘っています。育毛剤で効果を上げたいときには自分の頭皮の状態を確認して、最適な商品を選ぶことがポイントです。配合されている成分や商品の特徴だけでなく、メリットやデメリットも把握して購入するようにします。料金が高いものは返金保証などのサービスを付いているので、購入してから効果を見て判断することも可能です。育毛剤の中でも毛穴の汚れや皮脂を取り除く効果など、肌に優しい効果に力を入れているものなら刺激も少ないです。時間をかけて頭皮の改善が出来るので、じっくり取り組みたいときや徐々に髪の毛の量を増やしたいときにも便利です。また即効性のあるものには、副作用や刺激が強いデメリットがあることがあります。使用したことで肌を傷つけることもあるので、注意します。このような頭皮のトラブルを避けるためにも、価格帯は5000円から数万円以内にします。

育毛剤のメリットを一言でいうと、思い立ったときに安い価格で髪の毛と頭皮をケア出来ることです。とても安いとは言えない価格に思えますが、医者やサロンなどで本格的に施される施術や薬に比べれば、1ヶ月あたり数千円からで購入出来ます。医薬品や様々な施術に比べて、育毛剤は十分お手頃と言えるのです。また頭皮の環境を正常にして、髪にコシやハリを与えてくれます。髪の毛を増やすために新しい髪が育るように促してくれて、毎日使うことが出来るヘアケアのアイテムです。細かい使い方や難しい方法もなく、毎日お風呂上がりなどに頭皮に付けるだけという手軽さがあります。誰にも知られずに、自分だけでこっそり使い始めることが出来るのもメリットです。商品の種類も沢山あって、無添加で肌に優しいものや、爽やかな使い心地のものがあります。育毛剤に見えないようなデザインのものなどがあるので、誰かに気付かれないように使うことも出来ます。育毛剤のデメリットを一言でいうと、本当に効果を実感するまでにある程度の時間が必要なことです。インターネットの口コミなどで、使ってすぐに生えてきたという口コミもありますが、これはまれなケースです。一般的には最低でも3か月が必要で、効果を実感するためには半年は長くても必要です。数ヶ月は使わないと効果は実感出来ないことから、時間が掛かることがネックになります。正常な髪の毛でも新しく髪の毛が生えるまでにサイクルもあるので、時間が必要になるのです。髪の毛が生えるサイクルが遅れていた髪が育毛剤で発毛促進されると、抜け落ちることがあります。これは初期脱毛という正常な反応なのですが、抜け毛が悪化したと勘違いしてしまうことがあります。ここで辞めてしまう人が多く、効果が感じにくい原因になっているのです。反対に即効性があり、効果がすぐに感じることが出来る育毛剤は副作用に注意が必要です。効果が期待することが出来る分、炎症などのトラブルが見られることが多いのです。また用法や用量を守らずに間違った使い方をすると、後から身体に深刻なダメージを与えてしまうリスクもあります。購入するときには、専門家のアドバイスは出来るだけ確認するようにします。

育毛剤は具体的には発毛を促進するのはでなく、髪の毛の成長が認められた育毛成分が入っているものです。育毛剤は医学的なエビデンスがないので、まだ認知されていない成分や古くから使われてきた薬用成分が主に使われています。血行を改善することが出来る成分や、成長因子と言われる髪の毛の成長を促すような成分が入っている育毛剤が大多数です。発毛剤と違って、今生えている髪の毛を成長させるためにも、数多くの成分が入っているような商品が多いです。50種類の育毛効果が出る成分が入っているメーカーもあり、副作用もあまりないメリットがあります。自分に合っていると思って購入した育毛剤でも、必ず効果が出るとは言い切れないです。普通肌の人はもちろんのことですが、敏感肌の人だと肌に合うのかというところもかなり大切になります。評価が高くても肌に合わないものを無理して使ってると、頭皮をさらに傷めてしまう可能性があります。必ず一度試してから購入するようにして、出来るだけトラブルを避けるようにします。育毛剤はある程度のお金は必要で、とても安い買い物ではないのですが、お試し商品などから試して自分に合ったものを時間を掛けて選ぶことが大切です。