1. ホーム
  2. 育毛剤ランキング
  3. ≫FINJIA(フィンジア)の詳細情報

FINJIA(フィンジア)の詳細情報

finjia

価格11,852円
1mgあたりの価格237円
内容量50mg
効果・効能フケ・かゆみ、血行促進、抗炎症作用、抗酸化作用、AGA、細胞修復
返金保障制度30日
販売会社株式会社ユーピーエス

FINJIA(フィンジア)の成分

エタノール、水、BG、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオキシジル)、アセチルテトラペプチド3(キャピキシル)、アカツメクサ花エキス(キャピキシル)、パンテノール、センブリエキス、ビワ葉エキス、褐藻エキス、グリチルリチン酸2k、トウガラシ果実エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ヒオウギエキス、キハダ樹皮エキス、メントール、グリセリン、クエン酸Na、クエン酸、デキストラン、PEG40-水添ヒマシ油、ラウラミンオキシド、フェノキシエタノール

FINJIA(フィンジア)価格比較

公式サイト11,852円
Amazon価格-円
楽天価格-円

FINJIA(フィンジア)の商品説明

育毛剤FINJIA(フィンジア)は若ハゲにおすすめの商品として高い支持を得ています。

中年以降の薄毛と比べ、若ハゲ・すなわち若年性脱毛症は食生活や生活習慣の乱れ・ストレスなどが原因の血行不良・過剰な皮脂により起こると言われており、また違ったアプローチが必要となるのです。FINJIA(フィンジア)に含まれるキャピキシルとピディオキシジルは血流改善効果で有名なミノキシジルと同じ効果を持つ成分ですが、よりパワーがありますし、ミノキシジルによってもたらされる痒みや血圧低下・体毛の増加といった副作用のリスクは逆に少ないです。キャピキシルはアカツメクサの花エキス、つまり植物由来の成分ですし、ピディオキシジルもミノキシジル誘導体だからです。これらの成分の配合濃度の高さもFINJIA(フィンジア)の特徴です。カプサイシンもまた血流改善によいとされ配合されていますし、その他にも10種類の成長成分が配合されています。

どんなに良い成分が多くても20代・30代の若ハゲ世代にとって高すぎる育毛剤では購入が難しいですが、FINJIA(フィンジア)は手ごろな価格もまた人気の秘密となっています。定期コースを選べば更にお得なお値段となり、更に送料・手数料も無料となっています。定期コースとはいえ1回利用しただけで中止・休止もOKですし、万が一お肌に合わなかったり効果が実感できなかったという場合には期間内であれば全額返金保証もあるため安心して利用することができるのです。電話で伝えさえすれば全額返金保証することができるのでその手軽さも人気です。全額返金保証や解約の際にその理由を聞かれることはありますが、もう一度利用したりその他の製品を試してみることをしつこく勧誘されるということはないです。

ただ、他の育毛剤でも言えることですが、どんなによい成分を使っていたとしても短期間で効果を実感できるということはなく、数ヶ月間は使用を続けることでようやく効果が出てくる以上、1本使っただけで解約するのではなく、定期コースである程度は続けてみるようにしましょう。

20代30代で育毛剤というと恥ずかしいでしょうが、FINJIA(フィンジア)は育毛剤とは見えないシンプルなデザインで、商品は特に社名なども入っていないシンプルな箱に入って届けられるので安心です。男性だけでなく女性でも使用することができることからも安全性の高さは分かるでしょう。

FINJIA(フィンジア)の特徴成分を解説

ドラッグストアやネット上には沢山の育毛剤がありますが、選ぶ決め手となるのが、配合されている育毛成分の種類や量、濃度などです。「スカルプケアの常識を凌駕する・限界濃度」と謳われたFINJIA(フィンジア)は、スカルプケア・育毛剤として、幅広い年齢層の方に人気がありますが、その特徴や成分はどのようなものでしょうか?これから、薄毛対策を始めたいという方や、今までの育毛剤を変えたいという方の為に、FINJIA(フィンジア)の特徴を詳しく解説します。

育毛剤というと、男性用に特化したものが多いですが、FINJIA(フィンジア)は、男女兼用となっており、1本で約1か月使用することができます。個人差もありますが、継続して1本使用することで頭皮環境が整ってくると言えるでしょう。頭皮環境を整えるFINJIA(フィンジア)の2大スカルプ成分が、キャピキシルとピディオキシジルで、それぞれ5%、2%という配合量は、業界内においても、最強の配合量と組み合わせであると言われています。キャピキシルは育毛成分であるミノキシジルの約3倍の育毛効果があるとされ、薄毛の原因である男性ホルモンを抑制するイソフラボン含有の「アカツメクサ」と細胞修復力をもつ「アセチルテトラペプチド-3」が合成された成分となっています。ピディオキシジルは、ミノキシジルと同様の育毛効果を持ちながら、副作用がないという全く新しい成分として注目されているのです。キャピキシルとピディオキシジルのW効果に加え、有効成分が浸透しやすい頭皮環境を作る為に、カプサイシンを配合、辛いものを食べると毛穴が開き発汗するという原理を上手く利用したと言えるでしょう。このカプサイシンを配合しているのは、数ある育毛剤の中でもFINJIA(フィンジア)だけであり、その他にも、センブリやビワ葉、グリチルリチン酸、ボタンなどの10種類の成長成分が惜しみなく配合されているのが特徴です。

このように、数ある育毛剤の中でも、独自のテクノロジーとスカルプ理論を持っている点は、FINJIA(フィンジア)の大きな強みと言えるでしょう。これまでに、様々な育毛剤を使っても効果がなかったという方は、新たな2大スカルプ成分やカプサイシンが配合されたFINJIA(フィンジア)を試してみるのもおすすめです。男性用の育毛剤が多い中、女性も安心して使用できる設計になっているので、ご夫婦で使ってみるのもいいですね。

口コミ

男性を悩ませるAGA、これはDHTと呼ばれる男性ホルモンがヘアサイクルを乱すことが原因と判明しているので、治療によってある程度の改善が見込めるといわれていますが、AGAを医療機関で治療するとなると健康保険が使えないためにそれなりの費用がかかるため断念している方も多いようなのです。もう少し手軽に育毛したいとなると家庭用の育毛剤の使用が考えられるため、多くの種類の家庭用の育毛剤が登場し、人気を博しており、その中でも最近特に注目を集めているのがFINJIA(フィンジア)という育毛剤で、その人気からか売り切れになることも多いといいます。幸い現在は購入可能なようですが、それはつまりそれだけ効果があるから、そこでそんなFINJIA(フィンジア)を実際に使った人の口コミから効果や使用感などについて検証します。

FINJIA(フィンジア)には育毛に効果のある様々な成分が含まれていますが、その中でも特に注目したい成分がミノキシジルの3倍のパワーで知られるキャピキシルと、ミノキシジルの副作用や浸透率の低さなどを改善したミノキシジルの誘導体といっても過言ではないピディオキシジルです。発毛成分として多くに知られるようになったミノキシジルですが、元々高血圧症患者の治療薬として用いられてきたため、血圧を下げる副作用が懸念されてきましたが、FINJIA(フィンジア)に含まれるピディオキシジルはそういった副作用を極限まで軽減し、なおかつ発毛を促進してくれるという素晴らしい成分ですし、さらにFINJIA(フィンジア)には唐辛子で有名なカプサイシンも含まれており、この成分は脂肪燃焼などダイエットに注目されますが、実はカプサイシンの成分によって頭皮のガードをオープンさせて発毛成分の浸透率を格段にアップさせるという育毛にもつながるというのです。
こういった効果のあるFINJIA(フィンジア)を実際に使った人の口コミを見て行くと、まずは副作用がないという内容が多く見られます。ミノキシジルの場合、頭痛やニキビなどの症状が出ることが多いのですが、こちらはそういった症状なく、快適に使えるようですし、臭いもうっすらメンソールがするだけとありましたし、実際の効果も他の育毛剤では生えなかったのに、本当に生えてきたという内容が多く見られます。

口コミから検証するに、FINJIA(フィンジア)は嫌な臭いや辛い副作用などはほとんどなく、快適に育毛生活を送れる素晴らしい育毛剤であるらしいことがわかりました。

使い方

日本の成人男性の5人に1人は薄毛に悩んでいるという今の時代、次々とさまざまな成分の育毛剤が出てきていますが、ニューフェイスFINJIA(フィンジア)は特に10代・20代の若ハゲに効果があるとされる育毛剤です。
ストレスや食生活の乱れによる血行不良や皮脂量の増加など若年性脱毛症に効果のある成分の配合濃度が高く、安全性の高さやお値段の手ごろさなどが人気の秘密ですが、その良さを最大限に活かすにはただ塗ればよいというわけではなく使用方法が大切です。

FINJIA(フィンジア)を塗る前に、まずは下準備として髪を櫛でとかしてほつれを取り除いてやります。次は何も付けずに一度髪の毛を洗いある程度の汚れを落としてからシャンプーを付けて指の腹を使って頭皮を傷つけないようにしっかりと洗い、更にしっかりと時間をかけてシャンプー液を洗い流すようにしましょう。洗った後はとにかくよくタオルで水気を拭き取り乾かしてからFINJIA(フィンジア)を頭皮にスプレーし、やさしくマッサージをして血行促進とFINJIA(フィンジア)を頭皮になじませるようにしましょう。マッサージ後もドライヤーを使って更に髪を完全に乾かす、そのひと手間もまた効果アップに繋がってくるのです。
使用回数は毎日朝と晩、1日1~2回が推奨されてはいますが、10代・20代というと朝は学校や会社に行く準備で忙しくしているとき、シャンプーするだけでなくしっかりと乾かさなければならない以上、続けるのは大変です。シャンプーやドライヤーの使用回数は1日1回夜だけでもいいです。FINJIA(フィンジア)の使用回数は1日2回を心がけるようにしましょう。

できるだけ早く効果が得たいからとつけすぎは、逆に頭皮の詰まりを招き効果が半減してしまったり逆効果となる場合も、用法用量を守ることが大切なのです。育毛剤の場合は即効性はありません。毎日使い続けて何ヶ月もかけて改善していくのです。若ハゲはストレスや、高カロリー・高脂質のものの食べ過ぎが原因としてある以上は育毛剤を使うこともおすすめですがそれだけでなく普段の生活や食事の内容の改善もまた必要なことではあるのです。

10代・20代の頃から健康に気を使った日常生活を送っていれば生活習慣病などの病気のリスクも下がり、もちろん薄毛の予防にも繋がるので、元気で若々しいままに長生きをすることができるでしょう。剥げて太っていて病気がちの人生よりよっぽどおすすめです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。